Home »岡山のお米

岡山のお米

魅力いっぱい 米どころ岡山

古来から知られる岡山米 そのロマンと可能性に胸がふくらみます

美味しいお米とは、どんなお米でしょうか?それは、「味」「姿」「香り」「食感」の4つの要素がバランスよく作られたお米。ほんのりと上品な甘み、ツヤツヤと光沢のある飯粒、湯気の中に立ちこめる食欲をそそる香り、そして適度な粘りとコシ。そんなお米を口にすると、私たちは日々幸せを噛みしめることができます。それに加えて、近年では安全・安心な品質も美味しいお米の必須条件となっています。

岡山県では、美味しさと安全を追求。家庭用はもちろん外食産業用、加工食品用、飼料用などの多彩なニーズに応える品種による稲作を実施しています。

ちなみに日本の稲作の起源は古く、約6000年前に大陸から渡ってきたとされています。岡山県南溝手遺跡や津島岡大遺跡の土器胎土内から稲の「プラント・オパール」が発見されたことにより、縄文期にはすでに陸稲(熱帯ジャポニカ)による稲作が行われていたとする説もあります。

日本の稲作起源の証拠がふるさと岡山で発見されたことに、私たちは「岡山米」のロマンと可能性を強く感じざるをえません。

以来、岡山では晴れの国と呼ばれるほどの「豊かな日照量」、瀬戸内海沿岸地特有の「温暖な気候条件」、三大河川がもたらす「豊富な水」、自然あふれる「肥沃な大地」という恵まれた環境を最大限に活かして、中国地方最大の米穀生産地として発展してまいりました。

今後ともJAグループ岡山では、米どころ岡山の誇りを胸に、安全で美味しい「岡山米」を皆様の食卓にお届けしていく所存です。

岡山県地図

岡山は北部が山地で南部が海という地形から、県内は地域によって標高差や温度差があります。そこで岡山県を大きく3つの地域に分け、それぞれの気候風土にあった栽培を行っています。北部の高冷地では、寒暖の差を活かした栽培を行い、酪農・畜産農家が多い中部では、堆肥を使った土づくりに重点をおいています。南部の広大な平野では、温暖な気候と三大河川による肥沃な土壌を活かした米づくりに取り組んでいます。地域に適した品種選定、栽培により、良質米が育ち、収穫も比較的長期間行うことができます。


県北部 中国山地のふもと、高冷地の風土を活かす米づくり

中国山地のふもとの標高200m~400mの高冷地に、盆地や山間を一枚一枚ていねいに整備した水田があります。山地の有機物が豊富に供給される水田で気温較差を活かした米づくりが行われています。県北部の日照や排水が良好で、地力が偏らない地域に適したコシヒカリやあきたこまちが主に作付けされています。

県中部 吉備高原や津山盆地の起伏のなだらかな地形を活かす米づくり

起伏のなだらかな吉備高原と津山盆地に広がる豊かな水田が標高100m~200mに位置しています。農家の中には酪農・畜産農家も多く有機物の供給も良好で、土づくりに重点をおいた水田に、ヒノヒカリやコシヒカリが盛んに作付けされています。高原、盆地に展開する管理がきめ細やかに行き届いた棚田が、この地域の特長となっています。

県南部 岡山・倉敷に広がる岡山平野を活かす米づくり

岡山・倉敷を中心とする広大な平野は、温暖な瀬戸内の気候や三大河川からの肥沃な土壌に恵まれており、米づくりに適した風土です。この地域では主にヒノヒカリやアケボノ、朝日が栽培されています。農家規模は比較的大きく、古くから機械化農業が進んでおり、生産性の高い先進的経営農家も育ちつつあります。

ふるさと、味の記憶 晴れの国の旨い米

コシヒカリ   【千粒重/22.2g】

お米の粒がきれいで光沢があり、適度なやわらかさと粘り気があります。岡山県で生産されたコシヒカリの品質は高く、冷めても硬さ・コシは変わらず、味、香り、どれをとっても最高です。

 
ヒノヒカリ   【千粒重/22.9g】

コシヒカリ譲りの味・香りを備え、ツヤは日の光を浴びたように美しく、冷めても粘りすぎたり、パサついたりすることがなく、良食味の評価が高く、現在岡山県で一番たくさん作られています。

 
アケボノ   【千粒重/24.8g】

大粒で炊いた時の粒々感が魅力。粘り、コシ、硬さのバランスが良く、程よいやわらかさと歯ごたえがあります。大粒であることから、酒米としても使われ、癖のない旨味のあるお酒に仕上がります。

 
朝日   【千粒重/24.3g】

コシヒカリ、ササニシキ、あきたこまちなど、美味しいお米のほとんどのルーツとなっています。現在全国でも岡山だけで本格的に作られています。ほんのりとした甘味、しっかりとした歯ごたえが特徴で、毎日のご飯としてはもちろん、寿司店、料亭など全国のお米のプロから高い人気と信頼を集めています。

 
きぬむすめ   【千粒重/21.1g】

岡山県では平成21年産から産地品種銘柄に登録されました。食味は粘りが特に強く、コシヒカリに負けない食味評価を受けています。炊飯時では白く美しいのも特徴です。

 
キヌヒカリ   【千粒重/21.1g】

コシヒカリの血を受け継ぎ良食味の品種です。炊飯米の白さ、輝きが非常に良く、炊飯用途などに適しています。

ひとめぼれ   【千粒重/23.0g】

光沢が良く良食味の品種で、全国で広く作られている品種です。粒もやや大きく業務用途に適しています。

 
あきたこまち   【千粒重/22.7g】

水分が多めで噛むと柔らかく、味はもちろん炊飯器を開けた時の香りが人気の高いお米です。岡山県は西日本で有数の生産県で、県北部の主要品種として栽培されています。

雄町と山田錦…
日本四大酒米に属する高級酒米

美酒のルーツはその酒米にあり、良い酒造りには良い水が欠かせません。気候や風土に恵まれた岡山には、旨い地酒がたくさんあります。

酒造りに適した米とは食用のそれとは大きく異なり酒米と呼ばれます。酒米は一般の米より粒が大きくて柔らかいのが特長です。

雄町

有名な酒米である山田錦や五百万石などの優良品種の親であり、現存する酒米の約1/2の品種は雄町の系統を引き継いでいます。100年以上も前に発見され、日本中でただ1品種残された混血のない米として、多くの杜氏や日本酒愛好家たちに強く支持され続けています。

 
山田錦

豊潤な酒ができると蔵元の評価は高く、酒造好適米の3割を占める品種です。清酒鑑評会でも大多数の蔵元が使用している品種です。

■データからみる岡山米

  地域 成熟時期 生産量(t) 栽培面積(ha)
あきたこまち 北部 9月上旬~9月中旬 26,200 4,990
コシヒカリ 北部 9月中旬~9月下旬 27,600 5,240
中部 9月中旬~9月下旬
ひとめぼれ 北部 9月中旬~10月上旬 4,200 800
中部 9月中旬~10月上旬
キヌヒカリ 北部 9月中旬~10月上旬 7,800 1,480
中部 9月中旬~10月上旬
きぬむすめ 北部 10月上旬~10月中旬 4,100 770
中部 10月上旬~10月中旬
ヒノヒカリ 中部 10月中旬 37,100 7,060
南部 10月中旬
アケボノ 中部 10月下旬~11月上旬 32,800 6,240
南部 10月下旬~11月上旬
朝日 中部 10月下旬~11月上旬 18,600 3,530
南部 10月下旬~11月上旬
  地域 成熟時期 生産量(t) 栽培面積(ha)
あきたこまち 北部 10月下旬~11月上旬 1,900 370
あきたこまち 県域
一帯
10月上旬~10月中旬 1,100 210
ページの先頭へ