Home »おかやまの米»岡山のきぬむすめ

岡山のきぬむすめ

岡山に新しいお米が仲間入りしました!「きぬむすめ」と申します。

「きぬむすめ」は「キヌヒカリ」を母、「祭り晴」を父として育成された「絹(きぬ)」という名前の通り白く美しいお米で、食味は粘りが強く、コシヒカリに負けない食味評価を受けています。岡山県では2014年に奨励品種に採用された新しいお米です。



はれの国おかやまにピッタリ・・・

今、地球の温暖化に伴い西日本各地では「きぬむすめ」の生産量がどんどん増えてきています。晴れの国岡山は「豊かな日照量」瀬戸内海沿岸特有の「温暖な気候条件」三大河川がもたらす「豊富な水」、自然あふれる「肥沃な大地」、まさにこの「きぬむすめ」が美味しく育つピッタリの産地です。

美味しい「きぬむすめ」産地とともに。

私たちJAグループは岡山のお百姓さんが、真心を込めて丹精に作られた「きぬむすめ」を「安全・安心」で皆様の食卓にお届けいたします。

炊き上がりは白くて美しい粒立ち。

粘りが強く「ふっくら・もちもち」美味しいお米として「コシヒカリ」にも遜色ないお米として評価されています。

「本当においしいご飯が食べたい!」というお客様は是非一度お試しを・・・



粘りが強く、冷めてもモチモチしているので、お弁当やおにぎりにも最適です。

ページの先頭へ