Home »岡山の極み »平成28年7月28日製造 JAつやま(鏡野地区)

岡山の極み

«前のページに戻る

平成28年7月28日製造 JAつやま(鏡野地区)

産地からのごあいさつ

JAつやま(津山農業協同組合)
代表理事組合長
最上 忠

JAつやま管内は温和な気候と恵まれた土地条件をいかして、水稲を中心に野菜・果樹・花卉・畜産など多彩な農業が営まれています。

自然風土の栽培環境に恵まれ特産のブランド米として自負できる高品質「コシヒカリ」の生産を目指しています。

JAつやま新しいウィンドウで表示

岡山パールライス新しいウィンドウで表示

岡山の極‥岡山県産米トレーサビリティのモデル版

全農おかやまと9JAをコンピューターで結んだ「JA良質米情報ネットワークシステム」を活用し、各JA管内で集荷されたお米の中から、品質・食味ともに優れた地域で「うまい米」を厳選します。

そのこだわったお米を「岡山の極」として各JAが1ヶ月ごとに1銘柄を出し、岡山パールライスが県内スーパーで月替わりで限定販売するものです。

「岡山の極」の産地紹介 JAつやま(柵原地区)

津山地域は北は鳥取県と接しており、南北54Km・東西36Kmあり、中国山地より吉井川が流れ、河川流域に水田が広がっています。

水と緑に囲まれ自然環境に恵まれた地域で米をはじめ肉用牛・酪農・夏秋野菜等の農産物の生産をおこなっています。

ページの先頭へ