全国農業協同組合連合会 岡山県本部

グローコールマン・紫苑

グローコールマン&紫苑 珍しい冬のぶどう2種。寒い季節にあったかいお部屋で、ジューシーなぶどうは、いかがですか?

グローコーマン

あったかいお部屋で食べたい冬の温室ぶどう

 グローコールマンは、ロシアのコーカサス地方生まれの葡萄で、岡山県がその生産のほとんどを占めています。
 寒い時期に食べるぶどうなので、別名「コタツぶどう」とも呼ばれ、甘さひかえめで、さっぱりとした味わいが、冬のこってりとした料理や鍋物のデザートにぴったり。
 冬の乾燥した喉をうるおしてくれる、さわやかな葡萄です。

グローコールマンのイメージ写真
グローコールマンのおいしい食べ方

常温で保存し、お召し上がりの30分ほど前から冷蔵庫で冷やしておいてください。房ごとサッと水洗いし、皮のまま口に含んでお召し上がりください。
※生ものですので、直射日光や高温を避け冷暗所にて保存し、なるべく早くお召し上がりください。

紫苑

ワインレッドの粒が美しい日本人好みの冬ぶどう

 気品漂うワインレッドの美しい姿をしたぶどう紫苑。肉質がやわらかで独特の食感をもち、大粒で種がないので大変食べやすいのが特徴です。ジューシーで甘味と酸味のバランスが絶妙の日本人好みの味です。日本でも珍しい冬のぶどうです。岡山が誇る初冬の美味をご堪能下さい。

特徴

  • 収穫期:10月下旬~12月上旬
  • 岡山県で主に生産されている
  • 種がなく、糖度が高い
  • 大粒で皮離れがよくジューシー
紫苑のイメージ写真
紫苑のおいしい食べ方

常温で保存し、お召し上がりの30分ほど前から冷蔵庫で冷やしておいてください。房ごとサッと水洗いし、皮のまま口に含んでお召し上がりください。皮はスルッと取れます。
※生ものですので、暗所にて保存し、なるべく早くお召し上がりください。紫苑は脱粒しやすいため、お届け時に脱粒していることがありますが、品質・鮮度には問題はありません。安心してお召し上がりください。