全国農業協同組合連合会 岡山県本部

瀬戸ジャイアンツ

瀬戸ジャイアンツ 瀬戸内の気候が育んだ、待ち望んでいた新品種。おいしい葡萄の三つの条件「大粒」「種なし」「皮ごと食べられる」を、すべて備えた新品種です。

瀬戸ジャイアンツとは?

 「瀬戸ジャイアンツ」とは品種名。「グザルカラー」と「ネオ・マスカット」というぶどうをかけ合わせて作られました。

瀬戸ジャイアンツのイメージ写真 皮が薄いので、食べた時の「パリッ」と弾けるような食感があり、そのあとに爽やかな甘酸っぱさが口の中に広がります。

デザート、お料理、食べ方いろいろ。

 瀬戸ジャイアンツは、種や果皮を気にせずに調理できるので、ジュースやゼリー、シャーベットなどのデザート、ジャムなどに使う時も手間がかかりません。さらにフルーツサラダやケーキのトッピングとして使うなど、バリエーションも広げやすく、いろいろな食べ方で楽しむことができます。

お皿に持った瀬戸ジャイアンツの粒の写真

食べ頃のしるし。

瀬戸ジャイアンツのイメージ写真

粒の表面の拡大写真 粒の表面の茶色は、食べ頃のしるしです。